« 冬の来客 1号はメジロ | トップページ | 里山再生 »

お手伝い

娘の夫が不在となるので、妻に手伝い以来の要請があり二人で川崎へ出かける。Pb070911

10時半到着し早速頼まれた障子の張り替えをベランダで行う。すると上でが何か異音がするので顔を上げれば飛行船が飛んでいた。よく見ると機体には(慶應義塾創立150年)と書かれているのではないか。7日に記念式典があるようだが、派手な宣伝をするものだと半ばあきれる。その後も飛行船は数時間市内の上空をノロノロと回っていた。障子を2枚張り替えた次は、テレビの地デジへの移行作業。昨年薄型テレビを更新したのだが何故かアナログ受信になっていて。テレビの性能が発揮されていないのはもったいないのだ。これはアンテナの入力部変更とICカードのセットで簡単に終わる。Pb070915 お昼は長女も来てくれたのでみんなで食べるが、持参したカワハギの煮魚は好評でした。

孫二人が並んだ写真を見るとやはり兄妹だけあり、良く似ていると思う。

賑やかなケンゾーとしばらく遊んでから、居残る妻を置き一人で帰るが家に着いたら5時半ですでに暗くなっていた。昼型人間には嫌な季節がこれから続くのだ。

|

« 冬の来客 1号はメジロ | トップページ | 里山再生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/43045665

この記事へのトラックバック一覧です: お手伝い:

« 冬の来客 1号はメジロ | トップページ | 里山再生 »