« 豚のいた教室のち豪華なディナー | トップページ | 孫の成長は早い »

絶景独り占めin接阻湖

明日の予定でいたのだが天気予報が雨だというので、接阻湖紅葉狩りツアーは昨日の段階で今日に変更した。参加予定だった二組は都合がつかないようなので多分誰も来ないだろうなと思いながらも8時前に家を出る。R362は意外と車が少なくて9時半には集合場所のダムサイトにPb151059 到着した。このまま上流へ行っても良いのだろうが、10時集合としてあるのでもしも誰かが来たら申し訳ないと周辺を散策して時間を潰す。紅葉は真っ盛りで黄色~赤色と彩の変化は見事だが、曇り空なのでちょっとさえない。落ち葉を掃いていたふれあい館の館長と話すと、写真を撮るには今日くらいが良いですよというのだが本当だろうか?一回りしてPへ戻れば10時を過ぎていたが誰も来ていない。そろそろ出かけようかと思ったが、歩いてのども渇いたので茶店で一服。暖かなおでんにビールを注文、暇そうな店番は嬉しそうだった。

水位はWEBで調べたところ貯砂ダムを超えているので、上流の接阻峡カヌー艇庫をスタート位置として移動する。艇庫前の水面にはレーシングの練習をする若者が3名いて、もと日本チャンピオンのIさんが子供ずれで見守っていました。Pb151023 一応は顔見知りなので一言二言挨拶を交わしてからカヤックへ乗り込み静かな湖面を漕ぎ出すが、ステルスは抵抗なくスイスイと走りとても楽だ。貯砂ダムを超える時にパドルを沈めてみたが、水面下70cmまでOKまだ余裕ありです。風が無いので紅葉の岸辺は水面下にもあるようで幻想的な美しさ。ついついデジカメでカシャカシャと撮るので進行が遅れるが、30分余りでレインボーブリッジ真下へ到着する。ここで上陸すればすぐ上は湖上駅なので、ゆっくりとお昼休みなのだ。

Pb151014 湖上駅へ登る道は整備されて以前の苦労は嘘みたいにらくに登れる。ちょうどトロッコ列車が着いたので写真を撮ったが、俺に向かって撮っている人の方が多かったのは笑える。スプレイスカートにライジャケなんて普通の人は見たことないだろうから、どんな思いでいたのでしょう?Pb151018

ここまで来たら展望コテージへ、Pb151038 と上がれば若いカップルが一組いたが隣のテーブルへお邪魔した。管理人もいないのにきれいな状態を保っているのは辺ぴな場所にあるせいだろう。暖かいものをとカップめんを作ってビールもどきで身も心も温まる。以前来たときにはあまりいなかったハイキングの人たちもレインボーブリッジを歩くのが見える。湖上駅が何かの特集で取り上げられた影響だろう。1時間ほどのんびりしてから再びカヤックへ乗り込んで、呑気に漕いでいると左の斜面が騒々しい。見上げると猿の群れが木の実を食べている様子だ。近づこうと艇首を向けると、猿はあわてて崖を登って逃げていく。カヤックの人間に何をびくつくのかと思ったが、猿には猿の考えがあるのだろう。Pb151043

水面に映る紅葉は相変わらず美しく幸せ気分でスタートへ戻った。

ヤマセミ、カモ、サルにもあえて一人でも十分に楽しめた日でした。(もともと一人遊びには慣れてるので)

|

« 豚のいた教室のち豪華なディナー | トップページ | 孫の成長は早い »

カヤック遊び」カテゴリの記事

コメント

今日遊び帰りのpuさんとすれ違いました。
私は仕事で150号からパルシェに向かう途中でした。

投稿: 酒菜氏 | 2008年11月15日 (土) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/43123576

この記事へのトラックバック一覧です: 絶景独り占めin接阻湖:

« 豚のいた教室のち豪華なディナー | トップページ | 孫の成長は早い »