« 天竜川 | トップページ | アジがほどほど »

天竜川で川下りレース

31日は[第37回 全日本天竜川カヌー競技大会]へ参加した。MDさんと二人30日の5時半過ぎに家を出て、9時半には旧市田港へ到着した。すでに遠方の知り合いが4名いて大きな東屋に基地を作りくつろいでいるので仲間に入れてもらう。競技は市田港~時又港間の14kmタイムレースで、カテゴリーは11に分かれている。僕はKさんとダッキータンデム部門にエントリーしているが、初めてのことなのでどうなるのか不安はある。P8310321

キャンプはカヌーハウスから少し離れたマレットゴルフ場だが、芝はきれいに手入れがされて心地よいテント場です。

P8300314 ポツポツとしていた雨も時々大降りとなり寒いくらいの気温でやる気もしぼむ。下見の川下りに出かける皆を見送って、Kさんと僕はお昼を食べに街へでた。おしゃれな蕎麦屋があったので即決で入店したのは当りでした。蕎麦も天ぷらもとても美味しく、店員さんも愛想がよくて気持ちよく食事しました。そば通のKさんもおいしいと言ってたので間違いなくお勧めと思います。

やがて戻った人たちは疲れ切っていました。休憩もなしで臥龍峡も下ったとはすごいですね。

本番も雨なら止めようと相談していたが、期待に反した?好天になり暑くならないうちにとダッキーに空気を入れるが、なかなかきれいに仕上がらず苦労した。完了すると非常に固くて速そうだが、セルフベイラー(自動水抜き穴)が無いのが気になる。P8310326_2

10時15分 ワイルド艇から次々と1分置きにスタートし11時には自分たちの番となった。水位は少し下がったが時々は大きな波が続くので、艇内に水が少しづつ入ってくる。

やがて水は満タンとなり、腰が浮くほどなので上陸して水出しをする。もたつく間に後続に抜かれたので、再乗艇後は更に一生懸命に漕いだ。コース選びに成功して追いつき追い越したが、やがて水は再び満タンとなり、上陸して水抜きをする。ここで2艇に抜かれては上位入賞は絶望だ。それでもがんばって漕いで仲間の艇を抜いてから臥龍峡へ突入する。大波は前から横から斜めからと絶え間なくきて、バランスを崩さないように進むのが精いっぱいだ。

ダッキーは安定が良いのでカヤックのような不安は無いが、それでもスリルは楽しめる。瀬の最後には三度水で一杯となったが、ゴールは近いのでそのままで漕いだ。最終的に抜かれたのは1艇だったが、順位は9位と沈みました。今回は下見をパスして浸水予測ができなかったのが失敗の原因でした。やはり事前の準備は大切です。でも十分に楽しめたので参加して良かったと思っています。P8310335_2

|

« 天竜川 | トップページ | アジがほどほど »

カヤック遊び」カテゴリの記事

コメント

お世話になりました
良い事も悪い事も忘れられない思い出になります

せっかくの楽しい時間を半減させて申し訳なかったです
これからもよろしくお願いします

あの波の中 安定して下れたのも流石PUさんだなと
感じてましたよ
だってとっても楽しかったですもの!

投稿: kawa | 2008年9月 1日 (月) 21時40分

晴れてよかったですねえ。sun
楽しそうだからwave 次回はMDさんに挑戦します。

投稿: | 2008年9月 2日 (火) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/42346480

この記事へのトラックバック一覧です: 天竜川で川下りレース:

« 天竜川 | トップページ | アジがほどほど »