« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

大喜びのちガックリ

いつものようにアジ釣りに行ったが、真崎海岸は東の風が強すぎるので内海でやることにする。昨年の秋にカワハギを沢山釣った場所が良さそうと堤防の7~8m沖へアンカーを降ろす。Sany0299 場所が変われば魚種も変わり、アジに混じって13cm前後のコハダが釣れる。これは酢〆にすると旨いのでお持ち帰りだ。風が強くてやりにくいが、適度に釣れ続くのでコマセが2個無くなるまでがんばる。7時半ごろオコゼが水面近くをユラユラと泳いできたのでザルで掬って写真に撮っていると、竿が急激に絞られる強烈な当たりだ。何だろうと竿を持ち合わせをくれるとグイグイと引き込むのでドラッグを緩めて真剣なやり取りをする。P7300268 やがて姿を現したのは大きなヒラメで、どうしてアジのサビキへ食いついたのかと驚いたがバケツを使って何とか取り込めた。指で測ると45cmは軽くオーバーする僕にとっては大物だ。小型のクーラーボックスには入らないのでバケツに曲げて入れザルで蓋代わりにしたがヒラメはおとなしくしていた。すぐに仕掛けをしまって帰路を漕ぐが気分は高揚してウキウキだ。岸まで半分ほど漕いだところで、バサッと音がしたと思った瞬間ヒラメは跳ねて海へ落ちた。急いで手を出すとシッポを掴めたがつるりと滑って奴は水中へもぐって行く。棚ぼたみたいに釣れたヒラメなので清く諦めようと思ったが、いつまでも悔しかった。

アジとコハダで100匹近くは釣ったがヒラメの1匹の方が欲しかったよ~。bearingP7300264

5時半に着いた時にはドリプラのカンランシャにイルミネーションが点いていてとてもきれいだった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

カンフーパンダ

評判が良さそうなので妻と見に行ったが、すごく面白いというわけでもなかった。2度ほど居眠りも出たので退屈な部分もかなりあったようだ。でも後半のアクションシーンになると眠気も覚めて楽しめた。やはり夏休みのお子様向けアニメでした。P7290262

夕刻兄が釣りたてのアユを持ってきてくれた。まだ生きていたので〆て塩にしたが、明日は塩焼きが楽しみである。

このシーズンはアジとの物々交換でアユを時々食べているが、水質の良い興津川のアユは美味い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狩野川でゾロゾロツーリング

クリーンリバーミーティングのお手伝いをしてきました。いかだ下り競漕と同時開催のため、開会式には市長や議員なども来る賑やかさでBGMがうるさくていやになる。P7270310

午前と午後の2部制でカヤック下りの参加者は80名を超える人気で、40艇ものカヤックが浮かぶのは壮観な眺めです。P7270309

午前のゴール地点はイカダと同じため、途中からは次々と通過するイカダの応援もした。とにかく暑い日で僕はヘルメットの代わりにつばの広い帽子をかぶってカヤックに乗ったが、顔や首の日焼け対策には有効でした。

川の水質は良いとは言えないが、ロケーションも良く水中には鯉も見えて面白く、初心者でも楽しく下れる良い区間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

狩野川

狩野川
これから宴会モードです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドアな日

明日明後日は狩野川カヌーイベントの手伝いがあるので、今日は体力温存で過ごすことにした。朝から暑いが我慢してクマゼミの轟音を聞きながら庭の水やりをする。時々やぶ蚊に刺されるが、そっと叩いて半殺しにしクモの巣へ飛ばすと蜘蛛は大喜び?で飛びつくのが面白く何回も繰り返す。きっとMさんが聞いたら腰を抜かすほど驚くことだろう。蜘蛛は害虫を捕るし悪さをするわけでもないので、歩く邪魔にならなければ出来るだけ巣は払わないようにしている。

釣りでお世話になるリールの作動が重くなったのでオーバーホールすることにした。釣りから帰ってもいつもは真水に漬けてだけで手入れは終わりという横着さなので、たまにはばらして給油が必要だ。2台の手入れに1時間余りかけたが、安物の1台はワンウェイクラッチが破損しているのが分かったが回りは軽くなったので良しとする。P7240243

ウルメイワシ、アジ、イサキの三色海鮮丼を昨日食べたが、店で食べるものより美味しかった。これは釣り人の特権だろう。P7250244

こちらは先ほどの夕食でいただいたイワシ、アジ、ムツのフライだが、これまたサックリとして美味しい。

夕食後は明日の荷物を準備して車へ積むだけにしておいた。朝あわてて支度をすると忘れ物が多いのでね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アジとイワシ

今日も家計を助けるため?に出漁する。このところの暑さでは早朝しか釣りにならないので、日があがるまでが勝負と4時起きででかけた。5時過ぎに竿を下しカマスを狙うが空振りだ。コマセが溶けたのでアジ仕掛けを降ろすと、13~18cmのアジが1~2匹かかってくる。しばらくするとカヤックの50cmほど下で狂ったようにコマセを追うようになり入れ掛りとなったが、潮の流れが速くなると共にどこかへ消えてしまった。2度目の場所替えで白灯台の西へ行くと16cmほどのウルメイワシが寄ってきた。イワシも数匹掛かるとあちこちへ引きまわりなかなかやり取りが面白い。P7240242

6連で掛ったので記念撮影をと思ったが、シャッターを押す前に3匹は海へ逃げて行った。それでもたくさん釣れるので逃げたのは惜しくないが、鈴なりの写真を撮り損なったのは残念だ。7時50分のコマセ切れで終了。釣果はアジ、イワシ、イサキが100匹オーバーと上々の成績でした。2軒におすそ分けをして残りはすべて家で食べることにし、昼はアジのタタキを食べ、夕食はアジとイワシのちらし寿司用にサシミをたっぷりと準備。さらにフライ用、干物用と作ったら1.5時間かかってしまった。

午後は髪の毛でもばっさりやれば暑さも少しはしのげるかと、最近お気に入りの1050円でカットのみの散髪屋へ行く。低価格もそうだが椅子に座ればほぼ10分で終了との速さがよろしいのだ。幸い客がいなかってのですぐに始めてもらい、ちょっと雑談をしているまに終わった。かなり短くなったが思惑どおりの暑さ対策にはならなかったと感じる。今年の暑さはこの程度でしのげるほど甘くはないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏本番

朝から暑~い日で裏庭では7時半からミ~ンミ~ンとミンミン蝉の声、負けじとシャーシャーシャーとクマゼミが続きやっぱり夏が来たと実感する。

こんな日には水遊びに限るとサーフカヤックを積んで興津へ走れば、何とクラブのNさんが川に浮かんでいるではないか。仕事前の一漕ぎというが元気なものだ。P7230223

久しぶりに高年サーファーのIさんにもお会いできてお話しできた。波は小さかったが何とか場所を選べば少しは滑ることができる。30分ほど波乗りした後は工場排水の調査に行くが、昨年に比べるとはるかに良くなっている。P7230226 排水のサンプルを採り、写真も撮って川の中を観察しながら歩いて戻る。下流の浅瀬には汚れが蓄積しているので、まだまだきれいとは言えない。

しかし浄化が進んだ証拠の一つに河口で見られたボラのサーフィンする姿がなくなったことがある。Iさんもきれいになったけどボラが見えないのはさみしいね、と言ってました。

夜は日本平祭りの花火大会があり、歩いて5分ほどの場所へ行って花火見物をする。

暑さ、水遊び、花火見物と夏を実感する一日だった。

P7230240_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロギス釣り

アジ釣りも続けすぎたし、妻がキスを食べたいというので今日は三保内海でキスを狙うことにした。ポイントは何処なのかまったく分からないのでとりあえず150mほど沖に出てみる。風も弱く潮も動かないのでカヤックはほとんど流されない。アンカーは降ろさないで釣り始めると、間もなく弱い魚信があり15cmくらいのキスが釣れた。その後もポツポツと釣れ続き6時45分~9時までで13~18cmのキスが21匹と外道3種が10匹ほど釣れて退屈はしなかった。

それにしても日が上がると海上でも猛烈な暑さ、しばらく釣りは早朝の一時しか出来そうもないな。

P7220266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコボートのレース見学

昨日から三保の内海で「ソーラー、人力ボートの全国大会」が開かれているのでチャリで三保まで走る。Img_1432

三保海岸はすさまじい人出で驚いたが、アサリ拾いの祭りに参加する人たちでした。Img_1425

ボートレースのカテゴリーは適当で、ソーラーも人力も、ソロもタンデムもみな同じというおおらかさで、気楽に参加のできる大会のようです。

近頃のソーラーパネルは大したもので、大面積とは思えないのに、人力ボートをぐんぐんとリードしていく。水中翼で浮かぶ船は直線は速いがカーブが苦手で、普通の船が勝ちました。Img_1419

タンデムの人力ボートが水中翼で浮かんで進む姿も迫力がありましたね。

ちょっと残念なのは地元の大学から4艇も出ていたのに、全て下位に沈んでいたこと。もっとも船を見ると「参加することに意義がある」との思いがわかるような作りでしたので彼らは満足だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壮行会?飲み会?サーフィン?

P7200224 アメリカ帰りのおっちゃんが、今度はタイへ行くというので送別の海遊びを開催となる。興津川河口の橋の下へ席を設けてまったりと飲んでいると涼しい風が吹き抜けてなんとも言えない心地よさ。それでも飲んでばかりでは体に悪いと、カヤックで海へ漕ぎ出すのは4人。波は小さいのが幸いし、サーファーは3人だけでフリーで遊ぶことができました。P7200252 天候に恵まれた3連休の中日だけあり、川遊びのファミリーも多くにぎやかでいよいよ夏本番を感じます。P7200231

Tさんが購入したサーフカヤックはメガのリベンジでごくきれいな状態です。一緒に漕ぐことが出来ず雄姿を見られなかったのが残念だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

子供の笑顔は最高だ

先週に続いて今日も三保海岸でカヤック講習のお手伝い。釣り情報を仕入れようと早めに家を出て飛行場前に行くと、30名ほどの竿の砲列はすさまじい。しかし10分位眺めていたが一人も竿をしならせることは無く、新聞の情報はあてには出来ないと再認識した。

P7190143 次はいつものアジ釣り場へ移動してしばらく観察する。由比からの釣り船も含めてたまにしかアジは上がらないので今日は駄目な日だろう。

カヤック体験の生徒は子供13人、大人6人で合計19人は先週と同じ盛況ぶり。

初体験者が5人ほどいたが、さほどの苦労もなくとりあえずは漕げるようになりよかったです。子どもたちはパドリングよりも、合間のお遊びがお気に入りで飽くことなくワイワイとしている。P7190191

怪我だけはさせないように気をつけているが、笑顔の子供を見ていると僕も本気で遊びに参加して童心に帰り癒された日でした。

P7190221

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良型のアジ

scissors自分でもよくも飽きないなと思うくらいに今朝も釣りに出かけた。早朝のカマスを狙おうと竿を下したのはちょうど5時。数回仕掛けを上下して誘うとグーイという強い引きに思惑どおりに、大カマスだ!と慎重に巻き上げればなんと大きなアジでした。P7170133 又長26cmの良い型でこれは食べ応えが有りそうとほくそ笑む。その後も22cmオーバーを3匹追加したので、以後は普通の小型アジの仕掛けに変更する。その後はアジ、イサキ、イワシ、ムツ子が飽きない程度に釣れ続き7時10分に竿を納めた。

3軒におすそ分けしたが、残りは昼にはイワシの刺身(ねっとりとして美味かった)を食べ、さらに夕食の寿しだね、塩焼き用に良型2匹、フライ用2回分、マリネ用と家計の低減に協力することになった。P7170134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大賀ハス満開

妻と義母を伴い信州へ観光に出かける。目的は富士見町井戸尻遺跡公園のハスの鑑賞だ。途中休憩した道の駅(蔦木宿)では、野菜果物が安くて衝動買いを二人はしていました。

P7160112 11時過ぎに着いたが古代ハスは開いたものが多くてちょうど見ごろで感動する。他にもスイレン、コウホネなどの花、たくさんのトンボなど自然を満喫した。ゆっくりと見回り終わるとちょうど昼時でお腹はペコペコになり、蕎麦でも食べようということになる。かねて調べてあった(おっとこ亭)で食べようと車を走らせるがなかなか見つからない。やっと地元の歩行者を見つけて教えてもらい、何とかたどり着いた。予想に反してすごい混みようで、30分待ちとのことだったが、僕的には珍しく予約帳にサインして順番を待つことにした。P7160125

10分待ちくらいで席が空き、注文したざる蕎麦は待ったかいがある美味しさでした。

そのあとは昨年の大河ドラマの主要な舞台となった(風林火山館)を遅まきながら見学してから帰路に就く。

暑い日だったようだが、遊んだ場所は標高が高いので気持ちよく過ごせた一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知り合いとサーフィン

浜沿いを走ったときに海岸にはほどほどの波があったので、午後は水質調査を兼ねて興津川の河口へ波乗りに行くことにする。ラジカルムーブだけを積んで河原へ着くと、見たことのある車が停まっているではないか。久しぶりに富士宮のマルチ人ミッチーさんに違いないと思い、海岸へ歩いてみると波に浮かぶシーカヤックが2艇見えた。急いで着替えて海へ漕ぎ出すと、やはりミッチーさんと弟子のようだった。弟子はチン脱していたので、聞けば今日で漕ぐのは三日めとのこと。それで波乗りに挑戦とは大したものだと思います。P7150165

潮が低かった午前中は良い波も立っていたと言うが、今はひざ上位の波しか来ない。それでもほんの10m足らずを滑るだけの波乗りで30分ほど遊び楽しんだ。

その後は下山田川の水質調査に少し上流へ歩く。今日もかなり排水はきれいでペットボトルに採取した水の透明度はかなりのものだ。排水元の工場で何かの改善がされたとは聞いてないが、騒いだことによって何かの行動を起こしたことは間違いないだろう。

餌?の流出がないのでボラのサーフィンを見られなくなったのは残念だが、これも水質浄化の証拠だと思う。P7150169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれこれ

昨日は近所の桜の木で(アブラゼミ)の初鳴きを聴き今日は裏庭で(アブラゼミ)の初鳴きを聞いた。しかし鳴き声には元気が無く、時間的にも数分で終わったのでセミにとっても夏本番はまだなのだろう。

P7140160 庭ではカノコユリやモナルダが咲き、ブラックベリーの収穫も進んでいる。

P7150161 風も弱く日差しも強過ぎるほどでもないので、用宗港までチャリで走ることにした。大浜のプールは空いているが、幼児用だけは園児たちで賑やかだ。70分で到着したが、清水から用宗港までの沖合には漁船の姿が見当たらず一斉休漁に参加しているとみえる。

釣り情報の仕入れも目的だが、大した釣果は無さそう。港の出店でシラス飯などを求めてとんぼ返りで帰路に就いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑~い日 海で漕ぐ

P7120126シーマック三保のカヤック教室参加者は19人の大盛況だ。2/3以上は子供だが中年の男女もいるのはうれしい。初体験は数名なので、教えるにも大した苦労はなくて良い。

遠くには羽衣レガッタの練習船が3艘熱心に漕いでいたが、大きな掛け声を聞くと数年前にクラブで出場したときを思い出す。

P7120115 対岸となる日の出地区には、観覧車がほぼ完成した姿を見せているが、ランドマークというほどの目立ち方では無いな。P7120112

とにかく暑いので無理をせず、水遊びなどしながら一日遊んだが子供も大人もとても楽しそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大カマス

P7090120 先回の釣行ではカマスが釣れたので、今日は早朝はカマス狙いで行こうと思っていたが目覚めたら5時で後れをとった。それでも今シーズンでは最も早い6時に漕ぎだしたが、沖合には6人が乗るアウトリガーカヌーがある。大学生のようだがこんなに早い時間から、すごいものだと感心しながら見ていた。P7090125

離岸堤の上には黒鯛狙いの釣り人がいるが、いつからやっているのだろうか?僕から見える範囲であちこちと探っていたが、当りは一度も無いように見える。大物狙いは根性無しの僕にはとても出来そうもないと改めて思った。Sany0333

狙いのカマスは2匹だけだったが、なんと初めの一匹は33cmをオーバーする自己記録の大物で強い引きを堪能した。これ一匹だけで今日は満足と思ったが、もっと早くから竿を出せばとも思ってしまった。Sany0334

カマスは20分であきらめ以後はアジ釣りに変更したが、相変わらずよく釣れる。サイズが大きくなった分数は減ったが、イサキ、ムツ混じりで十分な釣果があった。

夕食には刺身3種のちらし寿司とアジのなめろうを頂くが、日本酒がとても旨く感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インディー・ジョーンズ

午後妻とムービックスへ行く。ドリプラ脇の観覧車はすでにゴンドラはすべて取り付けが終わり、ほとんど完成した姿を現していた。20日から稼働するということだが、一度は乗ってみたいと思う。

超娯楽大作クリスタル・スカルの王国は宣伝通りの面白さで、さすがジョージ・ルーカスとスティーブン・スティルバークの作品と思わせた。僕は2時間退屈せずに見ていたが、隣の妻はちょっと居眠りもしていたようでした。confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロールの特訓?

P7060107 中高年二人が若い娘をいじめているのではなく、起き上がりの練習を丁寧に教えているところです。

今日はカヤックをやる気満々のMちゃんと中高年3人で興津川の河口で遊びました。P7060109

お昼には昨日釣ってきたアジをから揚げにして食べたけど、皆さんにも好評で完食されて良かった。P7060111

海で波乗り遊びもしたけれど、予想通りに泳ぐ羽目になったMちゃんでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

自給自足

Sany0331 今夜のおかずは新鮮なイサキ、イワシ、カマス、ムツをたっぷりとトッピングしたちらし寿司と、なす、きゅうり、枝豆の野菜料理だった。アジの骨せんべいと枝豆はおかずじゃなくて肴か。買ってきたのはトマトだけで魚は僕が今朝釣ってきたもので、野菜は妻が菜園で収穫したもの。経費の計算などしたことはないから採算はどうなのかわからないけど、間違いなく健康には良いと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五目釣り

大雨の濁りでアジの喰いがよかろうと又飽きもせずに釣りに出かけた。2時間の釣果はイサキ、アジ、イワシ、カマス、ムツが合計150匹くらいかと思うが、イサキが多かったので小型のクーラーボックスはほぼ満杯となり重さでは今シーズン一番だった。いよいよ魚の種類も増えて三保沖の釣りも盛期に入ったようだが、ワカナゴ、サバ、ヒラソーダなどが待ち遠しい。Sany0330

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジまたも大漁

目覚めると雨は降ってないし風も弱いのでアジ釣りに行くことにする。途中の釣り具屋でコマセを仕入れて三保真崎海岸へ着いて海を見れば、ボートは一艇も浮かんでいないので、釣れないのかな?とちょっと気になった。それでは先日大釣れした場所でやってみようとカヤックを漕ぎだして砂利袋アンカーを降ろす。柳の下にドジョウはいました!!なんと仕掛けを降ろすと直ぐにブルブルと来てゆっくりと巻き上げるとアジが3連で釣れた。その後も2匹掛け~5匹掛けと釣れ続き忙しいこと忙しいこと、お茶を飲む暇もないほどだ。先回までは全く姿を見なかった、イサキも15cmオーバーのサイズが良い引きで楽しめる。アジはコマセを撒くと水面近くまで浮いてくるほどなので、水中観察で疑似針に食いつく姿を観察しながら研究?もできて良かった。1時間ほど入れ食いが続いたが、こんなに釣れ続いたのは記憶にない。2個のアミエビコマセも75分で無くなり、ここで釣りは終わりとなったが軽く200匹はオーバーしたようだ。P7030168

あちこちへおすそ分けして半分以下にしたが、昼には刺身でいただき夕食にはフライとタタキ。さらにイサキの塩焼き用が明日のためにあり、唐揚げ用のアジも確保してある。

妻は家計の足しになると喜んでいるが、これぞ趣味と実益で一石二鳥というものだろう。

Sany0329

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北信州の旅

昨日高原のハイキングをしてかなりの時間歩いたので、今朝起きると少し足がだるい。今日もP7010123 好天なのでマレットゴルフで遊ぼうと話がまとまり、チェックアウトのあとは車で5分移動する。コースは牧歌的な環境に包まれ、空には絶えずヒバリのさえずりが聞こえる。マレットゴルフは何度か経験があるが、どこよりもここのコースは素晴らしく妻もお気に入りのようだ。ボギー、パー、たま~にバーディーのスコアだが、気分は上々約1時間で上がりました。P7020140 次の予定は栄村の絵手紙タイムカプセル館なので、木島平村を後にして新潟県方面へ向かう。1時間足らずで到着したが、木造の豪華な建物には感心した。特別展示だった絵手紙のテーマは、戦争中から現代までの生活などが描かれていたが、戦争の悲惨さには悲しくなりました。

展示館を出た後は食事に寄り、花の駅に寄ったあとは信州中野ICで長野道へ入り帰路に着く。二日間の走行距離は705km。宿は直前予約の大割引だったので、二人分の宿泊代より交通費の方が高くつきました。今後ますますガソリンが上がると長距離走行は考え物です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

旅先にて

旅先にて
旅先にて
かなり久しぶりの一泊の旅。宿は数回目の木島平だが、道は変えてみようと豊科からはR19を長野市へ向かう。アヤメ公園や道の駅などで道草して、道中楽しみながら木島平村へ行く。天気も良いので歩いてみようとカヤノ平高原まで足を延ばす。ぶなの森を歩き二カ所ある高層湿原を三時間がかりで周回したが、さわやかな環境に癒されました。宿の窓から眺める夜景も素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »