« シーマック三保で体験教室 | トップページ | 涼を呼ぶ花 »

汚染調査後波乗り

興津川河口の汚れはどうかなと出かけてみた。9時半川原に下りるとサーファーの車が数台駐車しているのでそこそこの波はあるのだろう。しかし汚染元の確認が先なので浜には行かないでカヤックを降ろしたら上流へ向かう。しかし昨日の大雨で流れは速くて遡るのは無理なので対岸へ上陸して草むらを歩くことにした。085262 足場が悪く大変だったが5分にて到着し、下山田川の流れ込みを確認する。元の水量が多いせいか汚染の程度は軽かったが、写真を撮り水のサンプルも採取した。車へ戻ると高年サーファーIさんがいたが着替える様子は無く、荒れた波なので今日はやらないと言う。浜辺を見るとなるほどきれいなうねりは見えないが、川の流れにぶつかって絶え間なく並みの盛り上がりはある。サーフカヤックを降ろすまでも無いのでリバーカヤックで海に向かった。P5260004 川の流れが強いので脱すると沖へ流されそうな気がして慎重に遊ぶ。長くても10mくらいしか走れないが何度も繰り返しできるので気持ちはいい。サーファーは10人足らずだが、うち2名は女性ボディーボーダーでクルット回ったりして遊ぶのが見えた。40分くらいで満足して引き上げるが川を漕ぎ上るのはとても大変だ。もたもたしながら漕いでいると10匹ほどのコアジサシがホバリングしながら小鮎?を狙っているのが見える。急降下でダイビングする姿は非常に格好が良く、次回は一眼デジカメを持って来ようと思ったが今日のところは観察だけで良しとする。P5260010 車へ戻り着替えていると無数のツバメが鳴き騒ぎながら旋回をしている。何だろうと橋の下へ行くとカラスが一羽飛び出したので、雛を狙っていたらしい。ツバメが人家に巣を作るのはカラスを避けるためと読んだことがあるが、ここのツバメにはカラスを防ぐ術が無いようだ。

外へ出るといろんな事が起こって面白いものだ。

|

« シーマック三保で体験教室 | トップページ | 涼を呼ぶ花 »

カヤック遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/41325886

この記事へのトラックバック一覧です: 汚染調査後波乗り:

« シーマック三保で体験教室 | トップページ | 涼を呼ぶ花 »