« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

ブルーリッジ

興津の波観測のため双眼鏡持参で三保海岸へ行く。真崎の浜には様子の変わった中高年が8人海を向いてたむろしていて、持っている旗には(静岡県平和連盟)と読めた。何のことかわからず釣り人と波の監視をしていたが、しばらくたつと沖のほうから見慣れぬ艦船が入港してきた。艦船のデッキには乗組員がずらりと並んでこちらを見ているが、黙って立っているだけの様子だ。やがて8人の前に差し掛かると彼らは拳を振り上げて叫びだしたが迫力はまったく無い。どうもアメリカ艦船の入港反対運動のようだが、接岸する興津埠頭へは入れないのでこの場所へきたと見える。P5300017

先に通過した駿河湾フェリーと比べると艦船の大きさがわかる。P5300020

船首には№しかなくて名前がわからなかったが、通過後に船尾を見ると(ブルーリッジ)と書かれていた。

帰宅後調べると揚陸指揮艦で乗員は840名余り、第七艦隊の旗艦を務めるすごい艦のようだ。反対運動をする人がいるのも無理はないか。

しかし彼ら以外には気に留める人はおらず、ブルーリッジはゆっくりと興津埠頭へ進んでいった。

結局興津海岸にうねりは無かったのでカヤックサーフィンは行かないことにした。

帰宅後は花の苗を植え替えたり、草を抜いたりの庭仕事ですることは多かった。P5300023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

悪天候のため予定していたカヤック講習が中止となり暇ができた。

久しぶりに映画でも見ようとWEBで調べ、トム・ハンクスとジュリア・ロバーツ競演のアフガン紛争がテーマの作品に決める。酒と女好きな俗物的下院議員がふとしたことからアフガンの応援をすることになり、多額の援助金を引き出して武器の調達する。その武器によって旧ソ連軍が敗退するという物語は、作り話のようだが実話に基づくというのは驚きだった。それにしてもジュリア・ロバーツはいいおばさんになってましたね。

P5290013 メールマガジンでくる懸賞応募で発泡酒6缶入りが当たった。春にはサッポロで当たり、今度はサントリーだ。なかなか確率が良いようなので、今後も応募は続けよう。なんてったって元金はゼロなんだから。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿大学の3回目

天気は持ちそうなので自転車で行くつもりだったが、何と前輪がパンクしていて使えない。仕方なくバスで出かけたが、時間がかかり到着したのは遅刻寸前でした。午前の講義は東海大学名誉教授のお話で〈静岡海岸の浸食について〉でしたが、僕自身切実に感じている問題だったので興味深く聞きました。ウネリは土砂を打ち上げ、大波は土砂を削るが、潮流には土砂を移動させる力は無い。等等その他にも色んな知識が増えたようです。(すぐに忘れちゃうんだけどね)

午後はインストラクターによる健康体操の指導でしたが、よく2時間も飽かせずに続けたものと、これまた感心しました。

帰宅してから自転車のタイヤをチェックしたが、ゴムが全体に劣化しひび割れ状態だ。チューブを直しただけでは一時しのぎにしかならないと判断し、近所のサイクルショップへ両輪のタイヤ、チューブの交換を依頼した。いつの間にか5年も使っているのだから、痛んでくるのも当然だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼を呼ぶ花

天候が良いと夏のように暑いこの頃、数日前から姫スイレンとアサザが咲き出して可憐な姿で目を和ませる。5272

アサザは昨年の夏ご近所散歩のときに小川で見つけて気になった花。この3月に芽を出したのを採取してきて水鉢に植えつけて楽しみにしてきたのだ。鮮やかな黄色で花弁の縁がフリルのようで可愛らしい。近頃は各地で減っていて、県によってはレッドデータブックに載っているような貴重な種のようです。527

姫スイレンは、多分20年くらい前に求めた株を毎年植え替えているもので、僕にとってはこれもまた愛着は深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚染調査後波乗り

興津川河口の汚れはどうかなと出かけてみた。9時半川原に下りるとサーファーの車が数台駐車しているのでそこそこの波はあるのだろう。しかし汚染元の確認が先なので浜には行かないでカヤックを降ろしたら上流へ向かう。しかし昨日の大雨で流れは速くて遡るのは無理なので対岸へ上陸して草むらを歩くことにした。085262 足場が悪く大変だったが5分にて到着し、下山田川の流れ込みを確認する。元の水量が多いせいか汚染の程度は軽かったが、写真を撮り水のサンプルも採取した。車へ戻ると高年サーファーIさんがいたが着替える様子は無く、荒れた波なので今日はやらないと言う。浜辺を見るとなるほどきれいなうねりは見えないが、川の流れにぶつかって絶え間なく並みの盛り上がりはある。サーフカヤックを降ろすまでも無いのでリバーカヤックで海に向かった。P5260004 川の流れが強いので脱すると沖へ流されそうな気がして慎重に遊ぶ。長くても10mくらいしか走れないが何度も繰り返しできるので気持ちはいい。サーファーは10人足らずだが、うち2名は女性ボディーボーダーでクルット回ったりして遊ぶのが見えた。40分くらいで満足して引き上げるが川を漕ぎ上るのはとても大変だ。もたもたしながら漕いでいると10匹ほどのコアジサシがホバリングしながら小鮎?を狙っているのが見える。急降下でダイビングする姿は非常に格好が良く、次回は一眼デジカメを持って来ようと思ったが今日のところは観察だけで良しとする。P5260010 車へ戻り着替えていると無数のツバメが鳴き騒ぎながら旋回をしている。何だろうと橋の下へ行くとカラスが一羽飛び出したので、雛を狙っていたらしい。ツバメが人家に巣を作るのはカラスを避けるためと読んだことがあるが、ここのツバメにはカラスを防ぐ術が無いようだ。

外へ出るといろんな事が起こって面白いものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーマック三保で体験教室

今シーズン2回目となるカヤック教室だが参加者8名と少々寂しい。使用艇はシットオンタイプが増えて初心者でも恐怖心無く始められるので教えるのも楽になった。P5240682

天気予報では昼前から雨とのことだったが、たまにポツリとくる程度でカヤック遊びには問題なし。子供たちはすぐに慣れて楽しい楽しいとうれしそうな顔で漕いでいる。

P5240680午後のツーリングでは堤防のかに取りに夢中になったり、造船所の大型船を下から見上げたりの初体験も喜んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キスは外れ

久しぶりにカヤックで釣りに行く。用宗海岸から漕ぎ出したのは8時半だったが先客のボートが二艘浮かんでいた。消波提先にいたゴムボートの人に状況を聞くと芳しくないというのでずーっと沖へ行くことにする。200mほど沖合いで流しながら探ったがまったくキスのあたりは無く、たまにフグがかかる程度じゃ仕方が無い。

Photo あちこちと移動して試すがまるで駄目で、沖合いから戻ってきた2馬力のボートの人も駄目だというのではあきらめるしかないか?一昨日の大雨の影響かも知れないがキスはどこへ行ったのか。

そのうちに水面下を進んでくるへんてこな魚?に気づき見ていると10mほど先で頭を出した。なんと20cm余りの小型の水鳥で初めて見る種でした。その後も潜っては10mほど先へ浮かびまた潜るを繰り返すので見とれていた。家の図鑑で調べたが名前がわからない。トシ君教えて。

その後は大崩方向へ移動して岩の点在する場所で竿を降ろす。すぐに当たりがあり20cmほどのキューセン(ベラ)がダブルで釣れた。関西方面では喜ばれる魚だが、静岡では食べないし食べる気にもならないのでリリースする。それでも釣れないよりは釣れるのが良いとしばらくはベラ釣りを楽しんだが10時半に早上がりし、用宗名物のシラスご飯とシノダアゲをお昼用に買い求めて帰りました。

Photo_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

里山復活の手伝いボランティア

F1000011 遊んでばかりも飽きたので?何か僕向きのボランティアなど無いかなと探していたら、一月ほど前に竹林の整備などのある活動団体を知り会員となる。

今日は活動参加の初日で8時に家を出て現地に向かった。現地に着くとすでに数名のメンバーがいてお互いに自己紹介をするが、初参加はほかに一人でした。大人の平均年齢は60歳前後と思われるが、小学6年生が20人以上も集まってのには驚く。

今日の作業は草刈、竹の伐採、竹の粉砕、植樹などだが僕は竹の粉砕組みに入った。市から借りた機械を使い割って竹を粒子に砕き山へ返すというお仕事。単純と思うが竹を割る→機械へ刺す→破砕粒子をまとめる→モノラックで山へ運ぶ、という工程があるので4人掛かりで行った。F1000012

1.5時間ほど経過後機械が故障したので仕事を変更し、急斜面の古い伐採竹の片付けに移動した。

正味3時間のお仕事だったが、頭は不要で体を使うのは僕向きで楽しんできました。

午後の行動はがらりと変わり姉の葬儀に参列したが、友人や孫の弔辞には涙がにじんできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホビーショー見学

静岡ホビーショーを見に出かけるが車では混み合うので自転車で行く。8時45分に家を出たが海岸道路は風も弱くて快適に走り、9時半にはツインメッセに到着した。既にかなりの人出だが会場は広いのでゆっくりと見ることが出来る。初めに見たのはクラブのブースだが、きれいに仕上げたプラモデルが並んでいる。プラモデルといってもジャンルは色々でそれぞれクラブの特色が出ていて興味深い。メーカーの展示品には僕が大昔に乗っていたバイクのモデルがあり、とても懐かしさを感じてしばし見入った。P5170681_2

10時半頃になるととんでもない人出になり、なかなか見たい場所へも行けない混みようだ。特にタミヤ、バンダイなどは子供も集まるので行列が並び前に出るのが難しい。

もっと見たかったが10時45分あきらめて出た。P5170688

自衛隊も人手不足と見え広報用展示室があったので最後に見学したが、高年者には声がかからなかった。

往復1時間半のペダル漕ぎは程良い運動になりました。

今日の午後はPCの入れ替え作業をする予定だが、スムーズに行くのだろうかと少々気がかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCの更新

4年半前にPCを変えた時、もうコレで買い換えの必要は無かろうと思っていたのだが状況が変化してきた。新しいムービーデジカメのMP4の動画がスムーズに動かなく、色々試してみたがCPUの能力不足と判断せざるを得ない。昨年メモリーを変えて他の動作には問題なかったのだが、新たなPCを求めることにしてWEBで色々探すとメーカー直販のサイトにアウトレット品として良さそうなのがある。更に二日ほど検討したが結局それに決めて注文を出した。どうせ変えるならビスタが良いだろうとしたのだが、使い勝ってはどうなのか?使えるようになるにはどのくらいかかるのか?との懸念は消えない。

今朝メールを開くとPCは(明日届きます)との連絡がある。

思っていたより早いじゃないか!明日中にセットアップが出来るだろうかと、久々に悩みの種が生じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿大学

雨なのでバスで駅まで行き、5分歩いてハートピアへ着いたが、家を出てから30分とは予想外に時間がかからない。

午前中はS講師の(歴史)だった。さすがはプロで噂通りに知識は豊富で話しも上手だったが、申し訳ないことに時々居眠りも出た。

午後は元高校教諭Mさんの(日本人の言葉)についてです。内容も良かったがユーモアとウィットに富み、下手な漫談師顔負けの楽しさでした。人前で話すのは数年ぶりとのことでしたが、こんな人なら毎回講師に招いても飽きないだろうと思う僕でした。

庭のキウイフルーツが開花してミツバチが数匹訪れている。これなら人工授粉の必要は無いとも思われるが、念のため雄花を採って雌花にすりつける作業を行った。この後1週間ほどは毎朝咲いた雌花に受粉をする仕事が続きます。P5150676

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デンドロビュームとクレマチス

梅の木に着生させたデンドロビュームがきれいに咲き出した。冬に霜よけをする位で他には何もしないのに咲いてくれる。鉢植えだと管理が大変な割には花も少なく、やはり自然に近い状態で育てP5110693るのが 植物にも良いようだ。P5110692クレマチスも鉢植えだと花が少ないが地植えにしたのは驚くほど沢山の花が咲いて見事である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しかったこと

入院中だった姉が6日に亡くなった。たまには旅行などにも同行していた仲なので、妻も僕もかなりのショックを受けブログを書く気にならなかった。昨夜は通夜、今日は火葬が行われて遂にお別れとなり気持ちにも一応の区切りがつく。都合により葬儀は一週間ほど先になるがぼつぼつブログの再開をしようと思う。

5日は川崎の次女からの電話にビックリさせられる。孫一歳半が玄関の錠を掛けてしまいキーは家の中の為、娘は閉め出され孫が中で泣いているというのだ。とりあえず妻がキーを持ってひかりで川崎へ向かったが、娘には警察へ相談したらどうかと伝える。

結果は消防隊がはしご車で来てくれ、7Fの開いていた窓から室内へ入って助けてくれたとのこと。孫は泣きくたびれて寝ていたようで怪我もなく無事なので良かった。こういう事は年に数回位はあり、それほど珍しいことでは無いと言われたようだが、日常生活でもKY(危険予知)が大切だと思った出来事でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

瑞牆山の麓

一晩泊まった長女夫婦と新緑を求めて北杜市へ行く。須玉ICが渋滞との表示があり、韮崎ICで降りて広域農道を走ったら混雑もなく快適だった。黒森では(森の水車)という蕎麦屋で早めの昼食にするが、空いていて味も良くこれは正解だった。P5040678

植樹祭跡地公園につくと駐車場は8割以上車で埋まり、芝地にも10張りほどのテントが張られている。何度も訪れているがいつもは気の毒なほど空いているのに、さすがにGWP5040681 は人が集まると感心。

曇っているが瑞籬山はくっきりとし、前景には芽吹いたばかりのカラマツが美しい。P5040684

遊歩道を歩くと珍しい物を長女が見つけた。あぶ(蜂)?が木の枝に串刺しとなっているので(モズのはやにえ)だろう。子供の頃に覚えは有るが、かなり高い木の上だったので目線で見たのは初めてである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナヘビとシマヘビ

今日は長女夫婦が来て賑やかに過ごす。

庭ではカナヘビが数匹遊んでいるようだが、シマヘビまで現れてちょっと驚く。太さは小指くらいだが、長さは1m近くあったと思う。シジュウカラも巣立ったので大した悪さも無いだろうとそのまま見逃したが、後で以前金魚が飲まれたのを思い出して逃がしたのは失敗だったと思い直し探したが既に消えていた。Sany0059 P5030670_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫が来た

娘ファミリーが日帰りで訪れて妻は大喜び。3ヶ月?ぶりに会うケンゾーは背は伸びたようだが、体重はそれほどでもないようだ。なにしろ起きている間中はチョコマカト動き回っているので太る要素は無さそう。運動能力はすごいが言葉は遅れ気味か、母は日本語、父はフランス語で話しかけるので習得が大変だと思うが、どんなモンだろう?。少し前からオッパイは飲まなくなったとのことで、着実な成長を感じた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鳥,蝶、サクランボ

シジュウカラの巣箱を掃除したが、雛のベッドを良く観察するとどう見ても人の髪の毛らしき材料が使われている。

P5010703 近くに床屋があるので拾ってきたのだろうか??P5010695

金木犀の幹でアゲハ蝶の羽化を見つけた。初めはしわしわの羽も10分程できれいになり、30分後に見たらもういなかった。P5010706 サクランボが色づきルビーのようにきれいだが、時々メジロがこっそりとつついているので傷になったのもあるが大した量を食べることもないので大目に見ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »