« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

用宗のキス

季節的にそろそろ釣れるはずだろうと、用宗海岸沖へ出かけることにした。昨日は12月半ばからしまい込んであったシットオンカヤックを裏庭から表に出し、釣り具も準備して忘れ物のないようにしてある。普通に朝食を食べてから出かけたので用宗港の釣具屋へ寄ったのは8時15分と、釣りにしては遅い時刻だ。おばちゃんに情報を聞くと(遅れていた堤防のキスもやっと釣れだした)とのことで、それなら沖へ行けば釣れるだろうと勝手に決めつけた。P4300668_2 8時40分カヤックを漕ぎ出したが、目指す沖合にはシラス漁船の集団が操業中で近づけない。仕方なく近い所で釣り始めたが、フグが釣れたり針を取られたりでキスは音沙汰無し。しかし9時半頃になると漁船団も東へ移動したので、沖へ漕ぎだして流し釣りを始める。まもなくブルブルというキス特有の当たりを感じ、巻き上げると15cmくらいのキスだった。P4300673 しかし当たりは続かず、100m位流して2~3匹位。こんな事を繰り返しながら餌切れの12時半まで頑張ってしまった。

釣果は14~19cmのキス19匹とメゴチ4匹だったが、初釣りとしては満足出来ました。

夕食はキスとメゴチのテンプラにキスの刺身。さらにキスのサクサク骨せんべいを頂いたが、酒もご飯もすすみました。P4300674_3 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花盛り

シジュウカラが巣立ったので再び今咲いている花の写真を撮ってみた。P4290673

スズランP4290674

エビネP4290675

リムナンテス?P4290676

アブチロンP4290677

セッコクの仲間?P4290678

ポピーP4290681

ベゴニア?P4290682

クレマチス

などなど狭い庭のあちこちで咲いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シジュウカラは子だくさん

smile昨日の14時頃川下りが終わり着替えを済ませてからケータイを見たら、妻からシジュウカラが巣立ちそうとのメールが入っていたので大急ぎで帰ることにする。仲間への挨拶もそこそこに出発し、休憩もなしに走ったら15時40分に家に着いた。片づけは後回しにして直ぐ庭へ出て巣箱の観察をする。なるほど親鳥は巣の近くへ止まり、雛に出ておいでと鳴いている様子だ。時々雛は巣穴から顔を出すが、又中に戻ってしまいなかなか出てこない。これは直ぐには出そうもないと思い、遊び道具の始末を始めた。Photo 片づけが終わり次はキウイの整枝をしながらシジュウカラを横目で眺める。もう遅くなるから今日は出ないかなと思った5時45分、頭を出した雛がすっと飛び出して数メートル先の木へ止まる。一分もしないうちに又一羽、又一羽と続き5羽が出るのはわけなかった。これくらいで終わりだろうと思ったら、次も出てくる出てくる何と9羽が続いた。Photo_2 そしてかなり時間が経過してから又一羽が顔を出す。しかし勇気が無いようで出たり引っ込んだりを何度も繰り返して飛び立つ様子がない。Photo_3 すると母鳥が虫をくわえてきて巣箱に入り、くわえたまままで出てきて雛を呼ぶ。どうもニンジン作戦のようだが、ずいぶんと頭が良いですね。最後の雛も何とか10分位で巣を飛び立ち、始まってから15分位で巣立ちは終わった。それにしても多くても5~6羽と思っていたのが10羽とは驚いた。それからも親鳥は散らばった雛を集めるのに忙しそうだったが、無事に育つのは何羽だろうか。

毎日シジュウカラの観察を楽しみにしていたが、今日からは見ることが出来ないのでちょっと寂しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井川満喫

26日は長島ダムの接阻峡大吊り橋広場でキャンプする事になっていて、3時までに5人が集まった。目的はタラの芽を採取して天ぷらパーティーをやることなので、小雨の中対岸へ山菜狩りに出かける。タラの木は多いのだが先客に荒らされて採りやすい場所には残っていない。P4270674 仕方なく足場の悪い所はロープを投げて枝に絡め、引き寄せて芽を採った。その他にもヤブレガサ、アザミの葉も集めて何とか材料は確保できた。雨は相変わらず降っているが、大きな東屋の下なので快適な宴会が始まる。テンプラはからっと揚がり、お酒がスイスイと進みました。P4270675 今日は奥泉からの川下りだが、1人帰って2人が来たので6人でワイワイと下る。P4270680 水は少なめで時々そこをかじるが、カヤックから降りたのは一回くらいで全員無事に両国の広場へゴールする。両岸と山は新緑が見頃で目も心も癒された川下りでした。P4270682

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初サーフィン

天気予報では午前の波は良さそうなので、今シーズン初めてのパドルサーフィンに出かける。O浜へ着くと河原には駐車の車が多く、海には20人近いサーファーが浮かんでいた。高齢サーファーのIさんもいたが今日は見学とのことで着替えていない。P4250671僕は直ぐに 着替えて川へ入ったが、初めは上流へ漕いで汚染源の調査に向かう。今日の排水は昨年ほどではないがかなり汚れている。どうも日や時間帯で変動するようだ。サンプルを採取した後は汚水の中をP4250679下ったが、どぶ川みたいな感じで閉口した。 出口は流れ出していないのでカヤックから下りてきれいな左岸側で乗り直す。水もさほど冷たくないし、波乗り中にこけた時の備えとしてロールのチェックをする。毎年初めてのロールはしっくり来ないことが多いが、今日は違和感なく起きたのでそのまま海へ漕ぎ出した。Img_1338 時々良い波が来て上手なサーファーは色んな技も繰り出している。僕は迷惑にならないよう西の外れで遊んだが、昨年と海底地形が大きく変化したようで波は最後までダンパーにならず気持ちよく遊べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜エビ

桜エビ
雨の中、妻とお昼を食べに由比漁港へ行く。予想に反してかなりの人で賑わっている。かき揚げ蕎麦を食べたがサックリとした食感の桜エビはとても美味い。人気があるのもうなずけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿大学初受講

今日は初めての受講日で、少し早めの9時半に会場へ到着した。なるほど予想はしていたことだが平均年齢はかなり高く70才は超えているだろう。登録した生徒は238人で昨年度より30人位減っているとのことだった。午前の講義は年配者の健康管理と言うことで、食事と運動についての話しを聞く。特別新しいこともなく、自分が日常やっていることで良いのだと思えたのは収穫でした。昼食時には回りは全て初顔の年配者だが、出来るだけ話しかけるようにして古い日本のお話しを聞きました。F1000010

午後は音楽鑑賞の時間で、琴と二胡の演奏を聴く。琴の奏者は年配のベテラン女性で二胡はその弟子のきれいな若い女性。心地よい音色に眠気を誘われて困りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面白カヌー

波があれば興津へ行こうと思い、チャリで駒越海岸へ走った。予想はしていたが海はとても静かで、点々と投げ釣りの人達が見える。波乗りはあきらめて少し長い距離を走ろうと、BPの側道を西へ向かう。路面は滑らか天気は良く気持ちよくペダルを踏み続けるが、15分くらいで蛇塚の交差点へ到着。ここでは警官が4人も一時停止違反の監視をしているが、なかなか捕まる車は無く暇そうだった。Uターンして引き返すが駒越からは太平洋自転車道へ移って三保へ行くこととした。陽気が良いせいかブラブラしている人や、釣り人も多い。F1000009 内海の海岸にはドラゴンボート風の6人乗りカヌーが置いてあったが、どんな人達が乗るのだろう。P4220679 観光船の桟橋付近はハマヒルガオが満開でとてもきれいです。P4220683 帰路の自転車道では路面にいるスズメに直前で気づきかろうじて回避する。止めて戻ってみると悪びれた風でもなく、夢中で虫をつついていました。3m程に近づいても知らん顔で、よほど美味いのだろうと思うが虫の正体は分からなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興津川の視察?

そろそろ波乗り遊びの季節も来たので、5ヶ月近く行っていない興津川河口の調査に出かけた。P4210671 河原へ車を止めて先ずは汚染源の確認に行くが、護岸の脇にはハマヒルガオがきれいに咲いている。昨年までは気づかなかったが、増えて目立つようになったのだろうか。右岸の土手を歩き汚染源の〔下山田川〕を目指すが、昨年に比べて下流の汚れは少ないようだ。P4210677 排水の流れ込み迄行って観察したが、白濁の度合いは減って透明感がある。水をペットボトルに汲んでみたが固形物が生じて来ないので、汚染はかなり改善されている様子だ。P4210668

次はいよいよ河口出口の調査に移動する。昨年までとは大きく変わり、川はほとんど真っ直ぐに海へ流れ出している。潮が低いせいもあり、波は小さいが形は良くてパドルサーフィンも期待できそうだと思う。

夜、〈興津川を美しくする会〉の代表に電話して入会の申し込みをしたが、どんな活動になるのか楽しみでもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現地調達でBBQ

藁科川ツーリングは残念ながら参加者が2人しかいないので中止となった。そこで三保の海でのんびりと遊ぼうと予定を変えてA,D,P、の3人が集まった。目的は離岸堤の牡蠣を採り、焼きながら飲もうというのが第一。あわよくばたまに通る駿河湾フェリーの波に乗って遊べたら良いなが第2。P4200681 大潮の干潮を選んで出かけたので普段は水面下の牡蠣も採りたい放題だ。ついでにイガイも採ってきて炭火で焼いたが、鮮度は良いし磯の香りも心地よく3人でうま~い!!と言いながら食べました。おかげでフェリーの時刻表は用意したのに、押し寄せる波の音で気づく始末ではとても波乗りなど出来なかったです。P4200683

| | コメント (2) | トラックバック (0)

用宗へ釣りの視察

そろそろキスが釣れるのではとの期待で、用宗港へ情報を仕入れに行く。R150はBPが開通したので車が空き空きで、自転車で走るのも以前のような怖さはない。増でBPの地下を抜けて太平洋岸自転車道へ移るが、ほぼ正面からの風があって大変だ。途中休憩しながら用宗港には70分で到着したが、公園で遊ぶ人や岸壁の釣り人は多い。一回り歩きながら釣り人の観察をしたが、釣れてる魚は豆アジが少々でキス狙いのSany0037 人はまるで釣れないようだ。港には漁協直営の丼屋が出来て行列ができているので覗いてみた。F1000008 メニューはシラス、マグロなど数種類で、全て500円とはとてもお得だ。列に並ぶのも面倒なのでこの店は次の機会として少し離れたところにある、漁師の出店でシラス飯と薩摩揚げを求めて海岸で食べる。ビールが無かったので持参のバーボンを飲みながらだが、気持ちよい天気でもあり美味しく食べた。帰り道ではBPの上り線側にきれいな自転車道があるのに気づいて走ってみたが、安全で快適だった。こんな道がもっと長~く続くと良いのになと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅のジャム作り

昨日の午後からジャム作りを始めるP4170695 。そろそろ昨年漬けた梅酒から梅の実を取り出さなければならないし、ジャム用の空き瓶も溜まってきていたので気合いを入れて始めることとした。まず梅の実を割って種を取り出し、次は目方を量る。砂糖は実の7割とするが、初めは半分だけを鍋に入れてとろ火で煮る。他の果実と違い梅の場合はP4170696 実と砂糖だけでは硬くなり過ぎるので、様子をみながらお湯を足してじっくりと煮込む。頃合いを見て砂糖を足しP4170668 つぶつぶが消えてきたら煮込みは終了だが、昨日はそこまでで終わりとした。今日冷えた状態を見ると硬くなりすぎているので、お湯をたして再度煮込む。同時にビンを煮沸してから出来たジャムを瓶詰めに仕上げる。P4180673 ラベルを作って貼り付けて完了したが、延べ5時間ほどかかったようだ。雨の日のお仕事には丁度良かったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢ガニと初対面!

花壇の手入れをしていて20cm位の石を動かすとモゾモゾと動いた物がある。よく見ると甲羅が2cm位の小さな蟹がはさみを万歳するようにして怒っていて、色は少々濃いが沢ガニのようだ。まだ自然が残ってるんだなと嬉しくなり、急いでデジカメを取りに行って戻ってくるとまだ同じポーズで待っていてくれました。P4170690 P4170692

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シジュウカラは超忙しい

シジュウカラの雛もかなり成長したようで、両親は交互に虫をくわえて来ては巣箱に入る。昨日辺りからは、巣箱を出る時に雛の糞をくわえて飛び立つようになったのが雛の成長の証だ。Img_1301 Img_1292

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たけのこでタケノコずくし

興津川上西里の〔たけのこ〕へお昼を食べに出かける。今しか食べられないタケノコ三昧の和食が食べられるのを思い出したのだ。P4160671 P4160673 タケノコの料理が6品に蕎麦がついて見た目も美味しそうだが、味は絶品で和食党には堪えられない。こんなのはお金を出しても普通の店ではメニューに無いだろうと思う。

往きには庵原から高山を抜け、帰りは興津川沿いを走ったが、いずれも道沿いの斜面にはヤマブキが輝くように咲き誇り目の保養もたっぷりと出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モグラ退治完了

10時頃よりチャリで三保回りに出かける。内海ではパドルボード(ロングボードへ立ち乗りして長~いシングルパドルで漕ぐ)へ乗る若者4人がいたが、不思議な光景である。上達すれば立ったままでの波乗りが出来るようになるのだろうか。シーマック三保へ寄り少々の打ち合わせをした後は、真崎海岸へ足を延ばして釣りの情報収集をする。釣り人は増えたが相変わらず、ほとんど釣れないように見えたので5月にならないと駄目だろうか。Img_1284

巣箱の雛は親鳥が来ると鳴いて餌をねだるのがはっきりと聞こえるようになった。親鳥はピストンで虫を運んでくるが、とても忙しそうである。

ここ3日ほどモグラ塚が出来ないので、2箇所のトラップを掘り出してみると一つの方に入ってました。尾まで入れると20cm位の立派な大人。道具無しでトンネルを掘るだけ有り、前足は手のようでとても立派です。とても可愛らしいので悪ささえしなければ共存出来るのにと思うのだP4150674が?ちょっと可哀想な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藁科川を初下り

来週が本番の藁科川下りだが、担当のMDさんも未経験なので下見ツアーを募集した所何とか2人集まり3人で下ることになった。ゴールの河川敷グランド駐車場で着替えを済ませた時、見覚えのある車が来たと思ったらEちゃんだった。仕事の前にお見送りに来てくれたとはありがたい。しばらくお話しした後はルーフに3艇をのせたスパイクで上流を目指す。お昼の買い物を済ませた後は川の様子を見ながら走るが、結局は予定通りの清沢大橋の下に駐車してスタート地点とする。10時45分そろそろと川にはいるが、とろ場がないのでいきなり流れに乗って下りだした。水はかなり冷たいので沈はしたくないと思いながらパドルを漕ぐ。P4130668

ここからスタートだが、本流へ黒川が合流した直ぐ下流でした。P4130671 水量は多めだが水はきれいで気持ちがよい。時々現れるドロップも危険では無いので心地よいスリルがある。しかし富沢橋下の落ち込みは危ないので2名はパスP4130673 した。流れは適度に速くて漕がなくてもスイスイと進む。時々現れるピンク色の花は小彼岸桜と思われるが今が盛りでとてもきれい。

河原には菜の花やネコヤナギも多くあり、目を楽しませてくれた。P4130689 お昼を食べた後少し下ると新東名と市道の珍しい2層の橋があり、下にはBBQの人達がいました。P4130697「 飲んでかない」と誘われたが、強い意志であきらめてそのまま下る。やがて下流にこんもりとした島が見えたが〔木枯らしの森〕だ。枕草子にも歌われた、いにしえから名高い森なのだが、なんでかな~?と思う程度の小島です。此処を過ぎればやがてBPの橋をくぐり、まもなくゴールへ到着だ。約12km3時間の川旅は3人共に満足できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育て中のシジュウカラ

シジュウカラカップルは交替で芋虫をくわえてきては、巣箱へ入るようになった。孵った雛が成長して食べる量が増えたようだ。巣箱の下で耳を澄ませると、ときどきチーチーと小さな鳴き声が聞こえるので順調に育っているのだろう。何羽いるのか楽しみだが、これからは悪いカラスに気をつけなければならない。coldsweats01Img_1259 Img_1260

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クローバーフィールド

久しぶりに映画を見たくなったが特別見たいのがあるわけではないので、ネットで上映中の映画紹介を調べて(クローバーフィールド)に決めた。13時入場の部へ入ってみたが、観客は10名ほどしかいなくていくら平日でも少なすぎる。宣伝文句に〈気持ちの悪くなる場合も人によってはあります〉とあったが、始まって直ぐに理由が分かった。ハンディーカメラでの撮影の為、絶えず画像は揺れていて落ち着かない。多分ドキュメンタリー的な効果を狙ったのだろうが、僕には普通の撮り方のほうが良かった。内容はゴジラの未来判みたいな物で不死身のモンスターが破壊の限りをつくすのだが、ストーリーは無いも同じ。ハラハラドキドキの連続で退屈はしなかったが、良い映画では無かった。知識不足で〈クローバーフィールド〉の意味が分からないのもしゃくに障る。

チャリでドリプラに向かう途中の川で面白い物を見つけた。兄弟亀か夫婦亀か?F1000007

| | コメント (1) | トラックバック (0)

PCも老いたか?

朝から雨なので家で過ごす。サンヨームービーデジカメの編集用ソフトをインストールしようと思ったら、PCの能力不足ですと門前払いになってしまった。調べてみるとCPUの機能がソフトの作動条件に足りないようだ。他のことでは不便はないのだから、それだけのことでPCを変える気にはならないし、CPUを交換する自信もないから我慢することにする。DVDには落とせないが、動画を切ったりつないだりくらいはカメラで出来るのだから良いとしよう。

JR中央線の運転見合わせでは、2万人が線路を歩いたとのことで感心するよりも呆れてしまった。仕事先へどうしても行かねばならない人はほんの一握りだろう。それ以外の人は丁度良い骨休めとばかりに、帰宅すれば良いものをと思う。しかし日本人の習性でそれが出来ないから鬱の人が増えるのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

入学式

今年度から〈清水寿大学〉なる学校?へ通おうと申し込みをしてあったが、今日がその入学式であった。入学資格は60才以上の市民との条件だけなのでお年寄りの多いことは当たり前だが、最年長は93才の人もいて頭が下がる思いだ。リピーターが多くて僕のような新人は少数派、と言うことは続ける魅力があるのだろうと思うことにした。ほとんどの人はおしゃれをしているのに、僕のようなラフな格好はとても少なく少々違和感も感じる。式典が始まると君が代斉唱に続き校歌まで歌うとは驚いたが、来賓の挨拶などは簡単に済まされたのは良かったです。生涯学習を基本理念とし「1年間頑張って下さい」との言葉も何度か聞いたが、僕の辞書には既に「頑張る」の言葉は消えている。ボチボチ、ホドホド、適当に楽しみながらやF1000006 りましょうと思っているのだ。

午後は相変わらず園芸作業をしながらの野鳥観察をする。気温が上がってきて庭の鳥にも変化があり、数日前からヒヨドリは来なくなった。3羽で来ていたメジロも1羽しか来ないので、他の2羽は巣作りにかかったようだ。シジュウカラのメスは巣箱にこもる時が多く、虫を運ぶオスを良く見るので既に雛が孵ったかもしれない。

ヤマガラは相変わらず2羽で来てはひまわりの種を食べているが、カップルなのかは分からない。Img_1225 Img_1238

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大衆演劇も面白い

おばばの誕生祝いということで何にしようか妻と相談した結果、たまには田舎芝居も良かろうと出かけてみた。9時過ぎに家を出て義母を乗せてからRIBPに長崎ICから乗ったが混み合っていてかなりの渋滞。それでも我慢していると安倍川にかかる辺りからはスイスイと走るようになってほっとした。昨夜の大雨で安倍川も大井川もかなりの増水となり、これからのカヤックシーズンに期待が膨らむ。金谷の(大井川娯楽センター)には10時40分に到着したが、平日なのに客席は8割方埋まっているのには驚き。P4080675 P4080683観客の 平均年齢は70才オーバーだろうし、僕より年少者は数人くらいと思われた。演目は歌に合わせた踊りと芝居だが、あくまでも庶民が楽しめるような単純な内容で、衣装はきらびやかであでやか。P4080694見る前には期待していなかったが、つぎつぎと繰り出す美男美女?の芸はなかなか楽しめました。 P4080704帰りの運転があるのでビールは程々に我慢したのはエライと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるで初夏だ

相変わらず園芸作業はするべき事が多くて忙しいが、午後は息抜きにチャリで三保へポタリングに出かける。

内海では貝掘りの人やヨット、カヤックなどで賑わい真崎海岸ではBBQの人達も多かった。釣り人も増えたが相変わらず釣果はほとんど無く、僕の出漁はまだ先になりそう。

更に先には水上バイクの団体がコースを回る練習していたがP4060683 、4サイクルエンジンのせいか以前ほどの騒々しさはなかった。P4060689 P4060697 P4060685

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠征お花見

青春18キップを利用して鰍沢まで出かけることにした。7時過ぎに清水駅発へ乗り、富士駅で身延線に乗り換える。身延山の枝垂れ桜も見頃なので列車が混み合うことを覚悟していたが、それほどでもなかったので拍子抜けの感じもする。それでも身延駅では大勢が降りたので、それ以後は車内もしずかになってくつろげた。鰍沢口駅到着は10時40分で、ここで降りた後はひたすら大法師公園へ歩くのだ。P4040681 少し歩くと視界が開け富士川の向こうには一面の桜が見えるようになった。富士橋を渡り、R52をしばらく歩いてからは山への登りになる。ポカポカ陽気に体も汗ばんできたが40分程で山頂へ着いた。大手旅行会社のツアーもあり、会場はかなりの人だが混雑している感じは無く賑やかで楽しい。あちらこちらに座れる場所が用意されているので、適当なところを選んで腰を降ろした。P4040717 売店でビールと食材を求めてきて、妻と花見宴会のスタートとなる。P4040714 この公園は(日本の桜名所百選)にも選定されただけ有り、山中が桜だらけで誠に見事です。P4040699 かなりのんびりしていたが、帰りの列車時刻も気になるので1時半過ぎには帰りのウォーキングを始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防水ムービーカメラ

サンヨーのCAー65を欲しくてかなり前からネットで探していたが、今日ヤマダで買ってきました。ネットの最安店が28500円のところ、ヤマダは31500円でポイント6300円が付くので実質25200円となりお買い得だ。(必要となるSDカードは格安のネットショップで買うつもりでいたが、ポイントを使えば無料同様なので4GBの物を同時に求めてきた)。モデルは既に生産終了で在庫整理に入っている為の安売りと思われるが、先週ヤマダで見た時には5000円も高い値が付いていたのでずいぶんと得した気分である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モグラにリベンジ!!

何ヶ月もモグラのイタズラに悩まされていたが、半月ほど前にトラップの場所を変えたら翌日からは土の盛り上がりが見え無くなり、多分捕らえることが出来たらしいと思いながらも被害が無くなったので忘れかけていた。ところが今朝仕掛けたトラップ近くの土が盛り上がっているのを見つけたので、掘ってみるとトラップの直ぐ脇にトンネルが作られている。新しいトンネルにトラップを仕掛け直そうと思い、堀上げてみるとやはりモグラが罠に入っていた。既に死んでいるので引っ張り出して見ると、体長20cm近くもある大きなモグラだった。これじゃあ元気にあちこちと堀上げたわけだと納得出来た。トラップはきれいに掃除してから新たなトンネルに仕掛けたが、数日以内には入るだろうとの自信がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜と富士山

この時期にしては珍しく朝からくっきりと富士山が見える。こんな時には日本平へひとっ走りして写真でも撮ろうと勇んで出かけたが、山頂付近の桜はすでに盛りを過ぎていた。そんなわけで写真も良いものは撮れず早々に帰宅した。

そこで午後は場所を変え、ウォーキングを兼ねての花見に妻と出かける。歩いて20分位の日本平運動公園には桜の木が沢山あり、ソメイヨシノのほとんどが満開となっている。散策をしながら富士山の入る構図を探してはデジカメを構える。なかなか良さそうな場所があり、コレならば重いのを我慢して一眼デジカメを持ってくれば良かったのと少し後悔した。P4010676 P4010677 それにしても桜が満開で、富士山もクッキリ見えるとは静岡に住んでいてもめったにないことです。

六日の日曜日は〔日本平桜マラソン〕があるのだが、葉桜マラソンにならないか心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »