« 今日の珍客 | トップページ | 赤岳絶景 »

好天の清里

30日は平日休みのMちゃんと雪遊びに出かけた。R52を走ると宍原辺りから霧が濃くなり近い山も霞んでいて、走っても走っても霧は晴れない。これでは今日の景観は望み薄かなと思っていたが、須玉ICを過ぎてから突然視界が開けて八ヶ岳がくっきりと現れた。これはラッキーと思いながら長坂ICで降りて清里へ向かうが、先ほどまでとはうって変わった景色の良さに心ウキウキしてきた。八ヶ岳自然ふれあいセンターには9時40分に到着し、コースの情報を聞く。昨日の積雪で良いコンディションとの事なので予定通りに此処の一周コースでXCスキーで回ることとした。P1300517

林間のコースは光も差し込み風も無くて寒さは感じない。積雪は20cm足らずなので少々不足気味だが、新しい雪は心地よさを感じる。

P1300541 慣れないMちゃんは遅れ気味となるので時々足を止めて待つが、なんとか無事に一回り完走できた。

スキーを脱いでからは歩いて3分ほどの(やまねミュージアム)の見学をしたが、写真や標本などに加えて冬眠中のやまねも見ることが出来たのはラッキーでした。

その後はまきばレストランで昼食としたが、展望自慢に恥じない景観を堪能しながらランチをいただきました。

次は車で数分移動し、スノーシューを履き天女山のハイキングです。新雪には富士山同様に鹿の足跡が多く、何処の山間地にも鹿が増えているのかと思われる。山頂に着く頃は遠景が霞んできたが、それでも南アルプスの雄大な姿ははっきりと見えました。帰路には韮崎の掛け流し湯(旭温泉)で疲れを癒して帰りました。

|

« 今日の珍客 | トップページ | 赤岳絶景 »

雪遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/17910279

この記事へのトラックバック一覧です: 好天の清里:

« 今日の珍客 | トップページ | 赤岳絶景 »