トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

ジョニー・デップの顔は?

スィーニー・トッド 悪魔の理髪師を見に行く。復讐のため人ののど頸をカミソリでかっきり、死体はパートナーがミートパイにするという残酷さだが、なぜか恐怖は感じない。いまやトップスターのジョニー・デップは今回も異常なメイクのため、素顔はどんなのか分からなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤岳絶景

赤岳絶景
清里でクロカンスキーのあとは牧場レストランでお昼休み。そして次はスノーシューで山登りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好天の清里

30日は平日休みのMちゃんと雪遊びに出かけた。R52を走ると宍原辺りから霧が濃くなり近い山も霞んでいて、走っても走っても霧は晴れない。これでは今日の景観は望み薄かなと思っていたが、須玉ICを過ぎてから突然視界が開けて八ヶ岳がくっきりと現れた。これはラッキーと思いながら長坂ICで降りて清里へ向かうが、先ほどまでとはうって変わった景色の良さに心ウキウキしてきた。八ヶ岳自然ふれあいセンターには9時40分に到着し、コースの情報を聞く。昨日の積雪で良いコンディションとの事なので予定通りに此処の一周コースでXCスキーで回ることとした。P1300517

林間のコースは光も差し込み風も無くて寒さは感じない。積雪は20cm足らずなので少々不足気味だが、新しい雪は心地よさを感じる。

P1300541 慣れないMちゃんは遅れ気味となるので時々足を止めて待つが、なんとか無事に一回り完走できた。

スキーを脱いでからは歩いて3分ほどの(やまねミュージアム)の見学をしたが、写真や標本などに加えて冬眠中のやまねも見ることが出来たのはラッキーでした。

その後はまきばレストランで昼食としたが、展望自慢に恥じない景観を堪能しながらランチをいただきました。

次は車で数分移動し、スノーシューを履き天女山のハイキングです。新雪には富士山同様に鹿の足跡が多く、何処の山間地にも鹿が増えているのかと思われる。山頂に着く頃は遠景が霞んできたが、それでも南アルプスの雄大な姿ははっきりと見えました。帰路には韮崎の掛け流し湯(旭温泉)で疲れを癒して帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の珍客

朝の寒さはゆるんだが小雨が続き日中も気温は上がらない。新聞をじっくり読んだ後は年賀状の懸賞番号のチェックをするが、切手シートが一枚当たっていたのみだったが期待はしてないので納得した。Kogera 「08.1.29.MOV」をダウンロード

庭にはヤマガラ、シジュウカラ、スズメなどが絶えず訪れて賑やかだが、昼過ぎにギーギーギーと聞き慣れない声がする。ガラス越しに覗くとコゲラが合歓の木に止まっているので、これはしめたとデジカメで狙うがチョコチョコと移動するので難しい。数枚の中一枚だけ何とか見られるのが有りました。

ムービーは窓からほんの2m先でヒマワリの実を囓るヤマガラです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀色のシーズン

何度か予告編を見て、スキー場面が面白そうだからと見るつもりでいたので今日出かけた。例によりMOVIXまでチャリで20分足らずの距離は程良い運動になり心地よい。

ストーリーは〔こんなのアリエネー!!〕ってな感じだったが、雪山の映像はきれいでヒロイン?の田中レナもきれいな大人の女性になっていたので楽しめました。一番面白いのは終わってからのおまけ映像で、スタント失敗の数々には納得できた。今日は男性サービスの日だった割には女性の方が多かったのはどうしてだろう?ことによると女性に人気の俳優が出ていたのだろうか。

午後は予約が有ったのに先週忘れてしまった内科医へ行き、ぼつぼつ始まるであろう花粉症のお薬も出して貰った。早めに飲み出せば軽くて済むと、聞いたことが有るのだが実際のところは分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山でXCスキーを3人で

1人でも遊べるが仲間がいれば数倍楽しい。というわけでカヌークラブのMLで呼びかけたら遊び人の2人から参加の連絡があり、10時にスカイラインのゲート前に集合となった。皆さん張り切って10時前には三人揃い身支度をして歩き出したのは10時10分過ぎ、気温は-4℃だが風はないので寒くはなく雪が溶けることもないので良い具合だ。積雪は30cmほどだが先行者のトレースがあるので、それを踏んでいく限りは楽に進める。P1270511

しばらく歩くと50m程先を2頭の鹿が左から右へ横切ったが、大小の姿から母子のようでした。車の走行中には何度も鹿の群れを見ているが、歩行中に見たのは初めてだったのでちょっと興奮しました。更に20分ほど歩いたら今度は右から左へ先ほどの鹿が前を横切り、何の為に雪深い林の中を歩くのかとふと考える。鹿に言わせりゃ、鹿のかってでしょう!そんなの関係ね~!と言うのかな。P1270513

2.7km先の駐車場へは12時5分前に到着し、ランチタイムとなる。飲んで食べてしゃべって楽しく過ごしたが、じっとしているとさすがに冷えてくる。休んでいる間にソロ遊びの人が3人バラバラに下ってきたが、1人でも頑張って遊んでるなと思い心強くなった。P1270515

帰路はトレースがあるのでそれなりに滑り、スイスイと30分足らずでスタート地点に到着。そり遊びのファミリーが3組いたが、我が家の30年前を思い出し(頑張って遊べ)とエールを送った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初氷 寒~!

7時裏庭の温度計は-1.5℃を指している。この冬一番の冷え込みにビックリし、厚着をして出てみると水槽には薄氷が張り、花壇には1cm位の霜柱が立っていた。Sany0324

金魚の金太はそれでもゆっくりと泳ぎ、水面を向いて口をパクパクするので餌を少しだけやったら食べている。何と元気な奴だろうか。

Sany0318 それでも日が上がるにつれて暖かくなったのでチャリに乗って散髪に出かける。三保方面へ走ること10分、カットハウス○○○へ到着した。店内へ入ると客は1人なので待つことなく始めて貰えた。美容師のおばさんスタッフだが腕は確か、雑談をしながら15分で完了する。料金は1050円、近頃はこんな店があちこちに出来て年金生活者には強い味方である。終わった後は自転車道を戻るが、そのまま家には帰らず街方面へ用足しに行く。途中で双眼鏡を覗く人がいたので停めて見ると入り江にカモが沢山浮かんでいるのだ。F1000005

(後で図鑑を調べるとホシハジロのオス、メスだけのようだった)物欲しげに人の方に寄ってくるが生憎何も持っていない。

今度はカメラと餌を持って来てみようと思いながらお別れした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくりする日

新聞をじっくりと読んだ後は車のオイル交換に出かける。走行距離は既に127000kmを超えたシビックはスイッチ関係の接点に問題が時々あるが、その他については問題ない。たまに洗車する以外にはろくな手入れもしないので、せめてオイルだけは5000km毎に変えるようにしているのだ。帰宅したらお昼前だが妻はまだいないので、昼食の支度をする事にした。圧力釜でご飯を炊き、柔らかメザシは薫製にする。Sany0313

メザシの薫製を作ったのは初めてだが、なかなか乙な味でした。

午後庭の鳥を見ていると、いつも停まるロウバイの枝にヤマガラとシジュウカラが同時に停まったので、すかさずデジカメを持ち出して1枚撮りました。

P1241778 右下ではヤマガラが食事中、左ではシジュウカラが休憩中です。

2時過ぎには久しぶりに図書館へ行き、雑誌を数冊拾い読みしたとはCD2枚を借りてきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山里の雪

先週の新聞報道で有東木でロウバイが見頃になっているのを知り、今日食事を兼ねながらの見物に妻と出かけることにした。安倍川沿いを遡り、渡本からは急な山道を登るがワインディングロードが心地よい。家からは40km程で地元の食事所(うつろぎ)へ着いた。今日は雨で昨日までの積雪は減ったとのことだが、場所により茶畑などかなり白くなっている。注文の蕎麦を運んでくれたおばさんに情報を聞くと、親切にも簡単な地図を持参して教えてくれた。P1230499

食事後は坂道を歩きながらロウバイの見学をすることにした。少し進むとあちらこちらに咲いているがまだ木は小さくて感嘆するほどではない。地区興しに植えたのが7年前とのことなので成長途中なのだろう。

それでもロウバイ園には20本ほどまとまっていてきれいに咲いていた。

P1230507

車で少し林道を上ると集落を見下ろすところへ出たが、うっすらと雪化粧した景色には見ほれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山スカイラインでXCスキー

朝、北の山が白くなっていたのでCXスキーとスノーシューを持って富士山へ遊びに出かける。P1220519_2

冬季閉鎖のシャッター前に駐車して、板を履き歩き出したのは10時20分。ふわふわの新雪が30cm程つもり板もブーツもすっぽりと埋まるので足を進めるのが大変だ。

全くのバージンスノーで気持ちよいことこの上ないが足は重い。

P1220532

スタートから200m程進んだ所から雪面には鹿の足跡が見られ、それはやがてメチャクチャに多くなる。何頭もの鹿がはしゃぎ回ったとしか思えないような足跡を見ると僕も何か浮かれてきて疲れを忘れる。

今まで何度も来ているが今日みたいな深い新雪は初めてで、バテないよう休み休み進むのではかどらない。こんな時は交替で先頭を行けば良いのだが1人ではままならず、ヒマで活発な仲間を欲しいと思うのはこんな時だ。

スタート地点の標高は1460mで、目的地は1600mと大した標高差ではないので普通は2時間足らずで着くのだが今日はかなりオーバーするだろうと思いながらも頑張る。P1220542

何度か休んだが12時50分高鉢駐車場へ到着しヤレヤレと腰を降ろす。ガスバーナーでお湯を沸かしカップメンをすするが、美味いこと美味いこと。家じゃこんなの食べられないのに外で食べると何でも美味いのは体を使ったせいなのかな?

食べ終えて飲み終えたら、体が冷える前にと帰路に着

くが、下りなのに滑りが悪く1時間もかかってしまった。(普通の雪ならいつも20~30分で着いていたのに)P1220562

汗になったのでいつもの(天母の湯)に寄り道していくが、入り口にある奇石博物館の看板が面白いので車を停めてシャッターを押す。こんなユーモアが日本中にあれば楽しいのにと思いますが、皆さんはいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アース

午後は妻と映画を見に行った。かねてから見たいと思っていたドキュメンタリー?〈アース〉で、主役は動物たち。北極のクマから始まり南極のペンギンまで、動物たちの生態を信じられないほどのカメラワークで紹介してくれる。面白かったのは水嫌いの猿が阿波踊りのような所作で川を渡る場面と、象が犬かきで泳ぐ場面などなどでした。いずれの動物たちも地球温暖化の影響で困っているというのがよく分かりましたが、この先地球はどうなるのか心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮎の薫製

秋に頂いた冷凍のアユが10匹あり、昨日は解凍して4匹を塩焼きで食べた。興津川の鮎は15cm前後と小振りだが味はとても良い。残った6匹は塩にして一晩置き今日のお昼用とし、簡単な薫製で食べることにする。フライパンにウッドチップを適量敷き、網を載せて鮎を並べる。煙が出だしてから15分程で出来上がりと超簡単だが、スモークの香りが適度にしてなかなか美味い。ずっと昔は鮭やアジ、サンマなどで本格的な冷燻作りに凝ったことがあるが、手間が掛かるのでいつしか止めていた。しかし昨年キャンプで作ってみたシシャモも好評だったし、熱燻なら手間いらずで出来るのでこれからは時々作ってみようと思っている。Sany0309

使ったチップはジャックダニエルを寝かせ終わった樽の破片だが、バーボンの香りはしなかったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気のヤマガラ

cocoに引っ越しての初投稿です。

冬は餌台にひまわりの種とみかんなどを置いて小鳥を呼ぶのを楽しんでいる。シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ウグイス、スズメの小型ともっと大きなヒヨドリ、キジバトが毎日訪問してくれるのを眺めたり写真に撮ったりしている。なかでも僕たち夫婦のお気に入りはヤマガラで配色もきれいだし、物怖じしない性格もよろしい。1

動きが素早くてぶれているが、種をくわえて飛び出した瞬間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »