春よ来い!

寒気はきびしいが日は伸びてきたし他にも春のおとずれを期待させる花もある。引きずる足でつまずかないように気をつけながら庭へ出てカメラをかまえる。Dscf6552
南校梅も10輪余りが開いているのを見つけて嬉しくなる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラエビを食べたいな

サクラエビの減少傾向が続きついに昨秋の漁は中止になった。僕も大好きな食材なので食べられないのはとても残念だ。由比漁協などの調査によると富士川の濁り水は環境汚染とはなっていないようで、サクラエビ減の原因は今のところ分からないようです。S大教授の話では、もっときめ細かい調査が必要だとのことだ。
しかし先人の仕事に学べば参考になることがあります。似たような現象で牡蠣、ホタテの漁獲減少に困りはてた漁師が半生を費やして弱った海をよみがえらせた先例に学べば、良いヒントが得られると思うのだがいかがだろうか? 畠山重篤著[鉄で海がよみがえる]を読んで僕は目からうろこが落ちました。簡単に言えば 海は山と川でつながり、水質の向上には落葉広葉樹の森が必要だということ。魚介類が育つには餌となる植物プランクトンが必要であり、窒素、リンがその栄養素であるがそれらを取り込むには鉄が重要な働きをするということ。 落葉樹の落ち葉が腐植土層をつくり、その中に生成した養分が川から海へ移動するのだという。気仙沼湾では漁師たちが20年かけて上流の山に落葉樹を植林した効果で海がよみがえった。牡蠣、ホタテ、海苔の収量と質は改善され魚類も昔並みに戻ったようだ。更に加えると、世界三大漁場のひとつ三陸沖では寒流と暖流がぶつかり魚が滞留するという説明だったが、近年の調査に寄ればアムール川の鉄分豊かな水が北太平洋に流れ込むのが重要な要素だと分かったという。30年ほど前には植物プランクトンの生育には鉄が欠かせないというのは(鉄仮説)だったが今では多くの人も認める(鉄理論)になりあちらこちらの海域で実践されているようです。サクラエビも小さなときには植物プランクトンを餌にしているのだから、駿河湾の水質調査項目に鉄分をいれるのが重要だと考えます。漁業関係者、研究者の皆さんできるだけ早い原因究明と漁獲の回復をお願いします。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの工作

干支のイラストを探しているとイノシシのペーパークラフトが目に付いた。小学生にも作れそうなので手先のリハビリにも良さそうだと思い厚紙でプリントする。Dscf6522


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんごジャム作りました

このため時期にはいつもりんごジャムを作るのが定番だったが、昨年は入院中のため当然やってない。今期は贈答用にりんごを2度ほど長野産で間に合わせたが家庭用には値が高すぎる。ネットで探すとりんごのサイトは無数にありどこが良いのか迷うばかりです。口コミも100%は信頼できないのだがそれを承知で慎重に検討する。1
山形県産の10kg入りの訳ありの品を注文するとが、数日後に届いたりんごは蜜入りが多く予想以上のものだった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅 今井恵みの里へ

運転に大分慣れてきたので長距離もよいかな?と松本市へいくことにした。今の時期はリンゴが豊富で野菜の種類も多く妻お気に入りの道の駅なのだ。トイレが近いのが気がかりだが今日のコースなら大丈夫だろう。8時過ぎに家を出るが通勤の車で込み合っている。R52へ入り但沼を抜ける頃には車の数も減ってきて順調に走る。道の駅富沢でトイレ休憩するが早目がよいのです。さらに北上して鰍沢で2回のトイレ休憩だが、歩くのも大変なので健常者のようにはいきません。下道はここから10分くらいで増穂ICからは中部横断道を走ります。中央道も順調で体調も良くトイレ間隔も伸びたようだ。Dscf6512
右側には八ヶ岳が見え、左手には甲斐駒ヶ岳などの南アの山が綺麗に見える大好きな風景の道だ。長野道へわかれしばらく走るとみどり湖PAなので最後のトイレ休憩です。思っていたより少ない休憩で早めに着きそうです。塩尻ICで降りてからはR20~R19を乗り継ぎサラダ街道へ入る。11時45分には目的の場所に着いたが、予想したより早かった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩行補助器

外を歩きたいのだが転倒が怖くて長い距離は歩けない。そこで転倒の心配が少ない歩行器を使おうと決めた。リハビリ施設のシルバーカー(変な名称だが)を3点ほど試してみて、必要な装備、性能を理解した。一昨日ネットで探してみたが良さそうなものはかなり高価で実物を見ないで買うことは出来ない。そこで遊び道具を良く求めて慣れたヤフオクを覗いてみる。何と!!歩行器、シルバーカーで検索すると凄い数の品が出てました。よくバーバたちが押している種類が多いが、それらは対象外とする。気になるのが数点有ったので良く調べて比較します。最も気になったのはフランスベッド販売の高級な歩行器です。福祉先進国のノルウェイ製だから間違いないだろうと決めました。S ,M,.Lがあるのだが出品はLだけだ。写真では程度が良く分からないが安値につられて決めました。定価53000円もが3500円で買えるのだから使えれば超お買い得だし、だめでも大した損ではないのだ。
昨日の夕刻荷が届き開封してみるが、思ったより程度は良さそうです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山ながめて

左足の運転にかなり慣れてきたが、時々乗らないと下手になる。そこで景色を眺めながら三保へ行きます。無人販売の棚にトマトが見えたので車を停めて買うことにするが、3mほど急な坂を上るので慎重に足をすすめる。500円玉があるので5袋求めたが味よし安いでよい気分になる。真崎海岸へ出ると正面に富士山が見えます。Img_20181031_092229
数日前に比べて雪は減りました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

190kmの足慣らし運転

歩くのがなかなか上手にならない。せめて車の運転だけでも人並みに出来るようにしようと、ちょっと長距離を走ることにした。目的地は山梨県中央市の「道の駅とよとみ」、野菜が豊富でお買い得な直売所があるのだ。高速にも慣れようと清水IC~新清水ICの短距離だけ新東名を走りR52へ降りる。身延では特産の今だけしかない(あけぼの大豆の枝豆)を数袋買うが、大粒でさすがに自慢するだけのことはある。鰍沢で富士川を渡り笛吹川の左岸道路を20分ほど走れば道の駅へ到着です。妻がじっくりと売店を物色した後は昼時も過ぎたので食堂へいく。車を降りると杖を突きながら歩くのだが、転ばないようにゆっくり慎重に足を進めます。Img_20181026_123418_burst002
おいしそうな地ビールが並ぶが今の僕には不縁です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三保の釣り人

左アクセルにも大分慣れてきたが時々運転しないと直ぐに勘が戻ってしまう。そこで特別な用事はないが五日ぶりに車を三保まで走らせる。三保海岸近くの無人販売をみると真っ赤なトマトが並んでいるので直ぐ近くへ車を停めて買い求めるが道路から坂を上るので大変だ。100円硬貨4枚有ったのでおいしそうなものを四つ選んで買い求めた。次は内海の釣り人観察だ。カワハギのシーズンに入ったので対岸の様子を見ると、2艘がカワハギ狙いのようだが、釣れるのかは分からなかった。台風の影響か桟橋南には広い範囲に砂が堆積しているので気をつけないと車がはまりそうである。Img_20181016_092300
真崎海岸へ移動すると雪をいただく富士山が見えた。やっぱり富士には雪が似合います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍼が効きました

9月にはいってから腰痛に悩まされ、そのうちに直るだろうと我慢していたがひどくなる...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«栗の皮むき