ヤマガラの巣立ち

朝からヤマガラの親が鳴く声が大きくていつまでも続く。経験からヒナに巣立ちを呼びかけているのだと思ったが、雛は簡単には出てきません。外出中に巣立ちが無ければよいなと思いながら家を出たが、帰宅後も親鳥の鳴き声が聞こえるのでまだ出てないなと安堵する。時々巣箱を気にかけていると16時30分ごろに雛が顔を見せました。S0302126
しかし出るにはかなりの勇気がいるのでしょう。なかなか飛び出す行動にはなりません。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空牡蠣小屋

カヤック仲間が集まり、漕いで採って食べようとの計画でした。Dscf4762
たっぷりと採取した大粒の岩牡蠣を焼いてます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマガラと花

ヤマガラの子育ては佳境に入り親鳥は虫運びが忙しい。S0232086
虫の種類は色々だが最近は青虫が多いようだ。S0242090
安全が確認できるとあっという間に巣箱へ入る。虫を欲しがりチーチーと鳴く雛の声が離れていても聞こえます。S0292120
巣箱から出るのも素早くてなかなか飛び出す姿が撮れません。
雛の巣立ちが近づいたようですが、留守でないときにしてもらいたいものだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭の恵み

庭には色々な植物を植えてあり少しなら山菜の収穫も出来る。Dscf4754
山椒はタケノコ煮物に付け合せて数回食べたが、それくらいでは使う葉の数は知れている。沢山使うレシピを探して自分で作ってみることにします。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚と野鳥

今期初めての釣りに行くことにした。気象予報通りに風は弱くてカヤック釣り師には好ましい。6時過ぎに真崎海岸からは赤灯台付近に釣り船が見える。しかし僕が漕いで行った時には魚が消えたようで釣り船も移動してしまった。案の定魚探には雑魚の魚影だけで、それさえ簡単には掛からない。それでもたまに雑魚が掛かると、灯台の上で待機していたトビ3羽が一斉に飛んできて投げた魚を足で捕らえる。勝負は早いもの勝ちで決まり、魚の取り合いで喧嘩をすることは無かった。デジカメを忘れたので現場の写真の無いがのが残念だ。イワシもアジもいないようだが、水温16℃ではまだ低いのだろうか。Dscf4745
それでも27cmのオオモンハタが1尾釣れたので、ボーズは免れました。ハタは切り身になり天ぷらとしたが、癖の無い白身でとても旨かった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しいヤマガラ

雛が育ってきたようでヤマガラの虫運びが増えてきた。S0022005
ウッドデッキに座っていると虫を咥えたヤマガラが、僕の頭上1m余りの棚に止まりましたが大きな虫を咥えているのが分かります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1時間でも楽しめる遊びです

このところ風が吹かなければK大広場での紙飛行機飛ばしへ行きます。好きな時に都合のつく時間だけで良いのが続く秘訣でしょうか。Dscf4739
集まる仲間は多いときは12人くらいだが今日は7人だ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たけのこづくし

今春のタケノコは大不作で入荷が極端に少ないとのこと。先週は食事どころ「たけのこ」にTELしたときは日に10食で早い者勝ち、予約は出来ません。といわれてあきらめたが、暖かさが続いたので大丈夫だろうと今朝9:30に連絡したら「30食分はあります」とのことで、妻と出かけたのは11時15分です。Dscf4740
久しぶりに来て見たら以前には無かった門らしきものが出来てます。せっかくだからそれをくぐって階段を上がりました。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヤマガラの子育てと花

ヤマガラが運ぶ虫が大きくなってきた。Dscf1947
雛が成長している証でしょうか?警戒心はますます強まり、巣箱へ入る前に回りを眺めて危険が無いかを確かめてます。(僕がいても気にしないが、鳥はスズメでも嫌なようだ)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪華客船 ダイヤモンド・プリンセス

今日も西風が強くて紙飛行機は飛ばせない。10時チャリで三保塚間から写真を撮ろうと出かけました。Dscf1943
水上バスの桟橋へ出ると右手前方に優美な姿を見せるのがダイヤモンド・プリンセスです。全長290m 115875tと清水港へ着く船では最大の船だ。船籍がイギリスというのも珍しいですね。
強風で浮き桟橋が揺れてバランスをとるのも大変だった。
日の出埠頭へ行けば近くから見られるが、全景を見るにはこの場所しかありません。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«会社のOB会と豪華客船